ゼロ活力鍋で悩むサイズ選び。4人家族ならどのサイズが一番使いやすいの?

※2018.4.17更新

アサヒ軽金属工業のゼロ活力鍋。

加圧時間が短く、頑丈でもあることから
国産の圧力鍋としては日本一売れているのだそう。

いろんな圧力鍋を比較してみて
いざゼロ活力鍋を買おう!と思ったとき
最も悩むのはサイズ選び。

さて、どのサイズが一番使いやすいのでしょうか。


ads by google

[ad#co-2]

活力鍋のサイズ

2018年現在、
アサヒ軽金属工業から発売されている
ゼロ活力鍋のサイズ展開は以下の4種類。

Lサイズ

●容量 5.5リットル(一升炊き)
●重量 3kg
●直径 24.7㎝
●鍋縁までの高さ 15.5㎝

カレーを作るのなら
10皿分の容量です。

Lスリムサイズ

●容量 4.0リットル(7.5合炊き)
●重量 2.5kg
●直径 22㎝
●鍋縁までの高さ 13.7㎝

カレーを作るのなら
8皿分の容量です。

Mサイズ

●容量 3.0リットル(5.5合炊き)
●重量 2.5kg
●直径 24.7㎝
●鍋縁までの高さ 8.6㎝

カレーを作るのなら
6皿分の容量です。

Sサイズ

●容量 2.5リットル(3.5合炊き)
●重量 2.0kg
●直径 22㎝
●鍋縁までの高さ 8.6㎝

カレーを作るのなら
4皿分の容量です。

無難なのはMかスリムL

さて、この4サイズを見たときに
最も多くのご家庭が選ばれるのは
MかLスリムではないでしょうか。

いずれも、大きすぎず、重すぎず
ほどほどの容量だからです。

サイズ選びで迷う方の多くは
このどちらにしようかと考えておられるでしょう。

MとLスリムの特徴を見ていきましょう。

浅くて間口の広いMサイズ

Mサイズの特徴は
なんといってもその間口の広さ。

深さもないので
中身を取り出しやすいことがポイントです。

煮魚や茶碗蒸しやプリンといった蒸し物などを
よく作るご家庭に向いているでしょう。

コンロに置いたときの高さが低いので
身長が低い方にも向いています。

高い鍋だと腕を持ち上げて
辛い体勢でよそうことになりますから。

間口が広い、ということは
洗いやすさにも繋がります。
手入れがしやすいこともポイントと言えるでしょう。

2~3人のご家庭なら
まずMサイズを選べば間違いありません。

我が家が選んだのもこのサイズ。
購入当初は3人家族でした。

現在は4人家族ですが
まだ子供が小さい(小学生&幼稚園生)なので
このサイズで十分間に合います。

スリムで容量の多いLスリムサイズ

一方、Lスリムサイズは
コンパクトかつ容量の多いことが特徴です。

重さはMサイズと同じ2.5kgなのに
容量は3Lから4Lへと
大幅に増えています。

おでんやカレーといった料理を
たっぷり作りたい方には
こちらがより向いています。

また一石二鳥クッカーという
別売りのアクセサリーを購入すれば
一度に二品調理することもできますので
仕事を持つ方には使い勝手がよいですね。

ガスコンロに置いても幅をとりにくく
収納スペースもとりにくいので
より省スペースなものを
求める方にもおすすめと言えます。

Mサイズをシンクに置けば
いっぱいになってしまいますが
Lスリムなら少しゆとりを感じるでしょう。

3~4人のご家庭なら
MよりもLスリムが向く場合が多そうです。

Lスリムはもともとあるサイズなのではなく
後から追加で作られたサイズ。
お客様の声から作られたそうです。

つまりそれだけ
Mサイズよりもう少し容量が欲しいな・・・
Sサイズくらいの幅のものがいいな・・・
と思われる方が多かったとも言えそうです。

とあるご家庭では大活躍するLサイズとSサイズ

LサイズとSサイズは
最も大きい、あるいは最も小さいので
はっきりとしたニーズがあり
迷いなく選ばれる方が多いサイズ
なのではないでしょうか。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

まとめ作りに最適なLサイズ

Lサイズはゼロ活力鍋の中で
もっとも容量の大きいサイズ。

一度にたっぷりと作りたい方に
おすすめのサイズです。

中学生や高校生など
食べ盛りのお子さんがいらっしゃるご家庭や
家族の人数が多いご家庭に向いています。

こちらも一石二鳥クッカーを使って
2段調理することができます。

注:2018年4月現在品切れしているようですので
購入検討の方は必ず在庫をご確認くださいね。

下拵えさえすれば
一気に二品調理できてしまうのは
魅力ですね。

軽くて扱いやすいSサイズ

最も軽量で、最も小さいという特徴を持つ
Sサイズ。

重量約2kgと軽いので、
ご高齢の方にも扱いやすいサイズです。

義理の母はこのサイズを
使用していますが、
2人家族にはとても使い勝手のよい容量で
台所の邪魔にもならず
とても重宝しているようです。

圧力鍋は大きくて重くて・・・という
イメージを覆すサイズとも言えます。

あまりたくさんの量を作る必要のない
少人数の家族や
Mサイズ、あるいはLスリムを持っているけれど
もう1台あると便利かな?という
ご家庭に向いているサイズです。

まとめ

以上、ゼロ活力鍋のサイズ選びについてでした!

圧力鍋はそう頻繁に買い換えるものではないので、
しっかり納得してから買いたいですよね。

サイズ選び、とことん悩んで
本当にあなたにとって
使いやすいものを選んでくださいね!

ゼロ活力鍋を使う私が思うメリットとデメリット。
こちらもご参考にどうぞ☆
関連記事 活力鍋の使い勝手はどう?メリットとデメリットのまとめ!


ads by google

[ad#co-1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする