骨格診断ストレートタイプだって可愛いフレアスカートを履いてみたい!

骨格診断ストレートタイプって、
スカートを履くならタイトスカート。

それ以外は、ちょっと履きこなしにくい?!
そんなイメージがありますよね。

本当はもっと可愛い服が着たいのに
気がついたらトップスはVネックかシャツ、
ボトムスはタイトスカートばかり、
そんなワンパターンコーデに陥っていませんか?

いくつかの点に気をつければ
骨格診断ストレートタイプの体型にも
似合わせていくことができる。

今回はそんな視点から
ストレートタイプが選びたい
フレアスカートのポイントを探っていきたいと思います。


スポンサードリンク

[ad#co-2]

ストレートタイプだって可愛いフレアスカートを選びたい!

ストレートタイプって
タイトスカートしか履けないのでしょうか。

ストレートタイプ=タイトスカート

そんな公式のように理解してしまうと、
他のタイプのスカートが履けなくなってしまいます。

そうではありません。

タイトスカートの持つ特性を
クリアしたものなら
一般的にNGとされる
フレアスカートだって十分に
選んでいけるものとなります。

具体的にどんな点に気をつければよいのでしょうか。

ストレートタイプが選びたいフレアスカート

ストレートタイプは
ウエストラインをすっきりとさせ、
出来るだけIラインに近づけることが
着やせするためのポイント。

リッチな体型をお持ちのストレートタイプには
シンプルですっきりとした
Iラインが一番お似合いなのですよね。

ウエスト周りに膨らみを感じるような、
ふんわりと広がりの持つものではなく、
出来るだけ広がらないものを選ぶことが
大切なポイントとなります。

このため
以下のようなポイントを兼ね備えたスカートを
探してみましょう。

腰回りに膨らみがないもの

まず全体のラインを見てみましょう。

ウエストから横に広がるものよりも、
腰回りにできるだけ膨らみのないもの。

そんなラインのものを探してみて下さい。

腰骨あたりまで縫い込まれてあり
その下から広がるようなタイプのものは
ウエストラインがタイトにまとまるので
おすすめです。

私も実際に持っていますが、
タイトスカートの良さを兼ね備えているようで
とても着回しやすく、使い勝手がよいですよ^^

ハリのある素材

他のアイテムと同じく
やはりフレアスカートであっても
ある程度の厚みのある
ハリ感のある素材を選びましょう。

ハリのある素材は、
ストレートタイプのリッチな体型を
しっかりと受け止めてくれますし、
何より軽い素材よりも広がりにくく
よりIラインに近いコーデに仕上がりやすくなります。

膝下程度の着丈

短いフレアスカートだとぐっと横に広がり
華やかになりますが、これはやはりウェーブ向き。

ストレートタイプは落ち着きを感じさせる
膝下程度の着丈で。

少し長めであることで、
スカートに落ち感が生まれ
フレアスカートの広がりを抑えてくれます。

といっても、ミモレ丈のような
中途半端丈はストレートタイプが苦手とする
着丈なので
あくまで全体のバランスをみながら
着丈を選ぶようにしてみてくださいね。

ストレートタイプがフレアスカートを履くときに気をつけたいこと。

ストレートタイプには
なぜタイトスカートが似合うのでしょうか。

それは、タイトスカート1枚で
全体のコーデバランスをIラインにすることが
できるからです。

フレアスカートは、スカート単体では
そのIラインを実現しにくいものなので、
腰回りのラインや素材の落ち感などを確認しながら
よりIラインに近づける必要があるわけです。

なので、コーデのテクニックによって
Iラインにより近づける、
そういうアプローチの仕方もあり、なんです。

トップスはややコンパクトに

フレアスカートの着丈は少し長め。

とあれば、トップスは少し短く
コンパクトなものを合わせると
間延びせずスタイルアップにつながります。

トップスまで長めのものをもってきてしまうと
全体的に重たい印象になり
ややもするとだらしなくなってしまいます。

トップスは少しコンパクトにまとめるよう
心がけてみてくださいね。

濃いめの色を選び、タイツでつなぐ

フレアスカートには
濃いめの色を選ぶこともおすすめ。

まず、濃いめの色を選ぶことで
重心を下にもってくることができます。

そしてフレアスカートの広がり感で
軽くなりがちな印象を
色で落ち着かせる効果も。

秋冬であれば
同系色のタイツを合わせることで
スカートから足下にかけて統一感が生まれ
全体として見たときに
Iラインに近づけることができますよね。

タイツを合わせることで
足長に魅せる効果もありますので
おすすめの方法です。

まとめ

以上、骨格診断ストレートタイプだって着てみたい
可愛いフレアスカートの選び方についてでした!

ストレートタイプと診断されると
もう履けないのかも・・・と
思ってしまいがちなフレアスカートですが、
上手に選べば
楽しく着こなしていけそうです。

楽しみながら
お似合いの一枚を探してみて下さいね~♪


スポンサードリンク

[ad#co-1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする