骨格診断ナチュラルタイプ向け!大人かっこいいパンプス選びの4つのポイント

※2018.10.8更新

スニーカーやウェスタンブーツならお得意だけれど・・・?

パンプスってどんなものを履けばいいの??

ナチュラルタイプが迷いがちなパンプス選び。

どこをどのように見て似合うかどうか
判断すればよいのでしょうか?

ナチュラルタイプが選ぶ
パンプスのポイントをまとめました!


スポンサードリンク

[ad#co-2]

骨格診断ナチュラルタイプとパンプス

骨格診断ナチュラルタイプ。

骨格フレームがしっかりとしているこのタイプにとって
パンプス選びのキーワードは、

「重めのシルエット」
「遊びのあるデザイン」

となります。

靴は
骨格診断ナチュラルタイプの
しっかりとした体型を
受け止める存在でなければなりません。

スニーカーやブーツでは
ボリューム感のある重めのシルエットは
いとも簡単に実現できるわけですが
パンプスは華奢なシルエットのものもあるので
ある程度選択していく必要があります。

では
どういった点に気をつければ

「重めのシルエット」
「遊びのあるデザイン」

という印象のパンプスとなるのか
具体的に見ていきましょう。

ナチュラルタイプがパンプスを選ぶときの4つのポイント

骨格診断ナチュラルタイプがパンプスを選ぶときは
以下の3つのポイントに着目しましょう。

ポイント1 ヒールが太い

太めのヒール、いわゆるチャンキーヒール。

ヒールの形状が細ければ華奢なイメージになりますし
太ければその逆、というわけです。

ポイント2 靴底が厚い

靴底の厚さも注意して見てみましょう。
厚すぎるとカジュアルになってしまいますが
ある程度の厚みならオフィスでも使えそう。

この靴は、ナチュラルタイプのお得意素材である
スエードタイプでなお相性が良さそう。
価格も嬉しいプチプラ☆

大人が
厚い靴底の靴を履くのは少し抵抗あり、
そんな場合はウェッジソールタイプを選ぶとよいです。

ウェッジソールとは
「くさび型の靴底」という意味。

靴底の土踏まずの部分がへこんでいなくて
かかとが高くつま先に向かって低くなるタイプの靴です。

ウェッジソールといえば
靴底部分がコルクのイメージがありますが
たとえばこんな靴なら
パンプスとほぼ同じ感覚で使えます。

カラーバリエーションも豊富で嬉しいですね^^

ポイント3 甲が深めのもの

全体からみて靴の割合を増やせば
重さや存在感は増します。

甲が浅いものは華奢、繊細なイメージですが
甲が深いものはしっかりした印象となります。

この靴などは
甲をしっかりホールドしていて
ヒールもチャンキータイプで、いい感じですね。

ポイント4 デザインに特徴があるもの

ナチュラルタイプは
異素材ミックスやバイカラーなど
デザインに特徴がある靴とも相性がよいです。

こんなタイプなどどうでしょう。
ヒールもチャンキーヒールで、
内側はセパレートカット。

素材と色の組み合わせも可愛くて
使いやすそう!

私がナチュラルタイプなら、
このパンプスを選びたいところです^^

まとめ

以上、骨格診断ナチュラルタイプが選びたい
パンプスについてでした。

ナチュラルタイプであっても
スニーカーばかりじゃつまらないですよね。

お似合いのパンプスを履きこなして
大人かっこいいコーデを楽しんでくださいね☆


スポンサードリンク

[ad#co-1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする