子供へのお小遣いはいくらあげたらいい?金銭感覚を養うには?

小学2年生ほどにもなると、
そろそろお小遣いどうしようと考えませんか?

私自身はお小遣い、ありませんでした。
夫はお小遣いのある家庭で育ち、
中学生の頃は欲しいものを
計画的に買う、ということをしていたよう。

二人が成長してどうなったか?

夫は経済観念がとてもしっかりしています。
私は行き当たりばったり、
むちゃくちゃでした(今は夫の指導により改善)。

上手に使えば、金銭感覚を養うのに
とても便利なツールになる。
お小遣いを子供の教育の一環にしよう。
そんな考えの我が家の方法です。


ads by google

[ad#co-2]

我が家のお小遣いルール

何年か試行錯誤した結果、
このような内容に落ち着いています。

お小遣いの金額

小学1年生 月100円
小学2年生 月200円
小学3年生 月300円
小学4年生 月400円
小学5年生 月500円
小学6年生 月600円
中学になったら周りを見渡しながら
もう少し考えます。
今のところ、
中学1年生1000円、2年生2000円・・・
の予定ですが。

お小遣いの使い道

どこまでがお小遣いの支出範囲か?

それも明確にしなければなりません。

我が家では
「必要ではないが子供が欲しいと思った物」
となります。
学校で使う物、週末に家族ででかけるときの娯楽費用は
含みません。
出かけた先で「これ欲しい」というものは
お小遣いの範囲内でということになります。

実は我が家がお小遣い制度を考えるときに
参考にした1冊の本があります。

「子どもにおこづかいをあげよう!」
西村 隆男 監修
藍 ひろ子 著

良い本です。

この本では、子供が欲しいものだけでなく
必要なもの(たとえば学用品、習い事代金)、
人のためのもの(友達へのプレゼント)、
などを子供に委譲していくことが提唱されています。

これはいい!
と、さっそく取り入れましたが
我が子には難しすぎてまだ少々無理がありました。

高学年、もしくは中学生くらいになったら
徐々に取り入れていきたいと思っています。

お小遣いの渡し方

年1回、年初にまとめて渡します。
つまり、小学2年生ならお正月に2400円渡します。

実はこの渡し方が、我が家のルールの肝。

家庭の家計でも同じことなのですが、
毎月の支出が安定していることって
そうそうありません。

毎月、変動するんです。

しかも、冠婚葬祭や旅行があったら
かなり大きく!

子供の支出も一緒。
特に夏休みはお祭りがあったり
普段行かない場所へお出かけして
目新しいものを見つけたりと
支出が多くなりがち。

年間で管理することの大切さを学べる
よい機会になると考え、
年1回、渡すことにしています。

ボーナス制度

お手伝いをしたらお小遣いを渡す、
という方法がありますが。

家族の一員として協力しあうのは当然のこと、
と理解してほしいから
今までそうした方法はとってきませんでした。

ですが、お手伝いしたら何か報酬があったほうが
モチベーションは確かに上がる。

子供には、家族は協力しあうもの、と
理解してもらった上で
こんな方法をとっています。

お風呂洗い 1ヶ月60円

お風呂洗いを毎日続けるのは
子供にとっては結構大変。

毎日続ける継続のちからとなる、
お手伝いが生活の一部となる、
そんな効果を期待して
ボーナス制度を設けました。

これは、半分ゲームのようなもので
しかも1回あたり2円と賃金としても格安にしています。

お手伝いするのは当然、
でもちょっとお小遣いが増えてラッキー
子供はそんな感覚でいるようです。

まとめ

以上、我が家のお小遣いルールでした。

お小遣い制度をどうしようとお考えの
あなたのご参考になれば嬉しく思います^^


ads by google

[ad#co-1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする