【骨格診断】ストレートタイプだから。手に取らなくなった5つのタイプのコート。

今日はコートについて。

コートは冬のコーデの主役、だと思います。

冬の服装の大部分を占めるうえ、
価格も決して安くはなくて
頻繁に買い換えるアイテムではありません。

なので、コートのチョイスには
慎重でいたい。

自分がストレートタイプと知って
絶対に手に取らなくなった5つのタイプのコート。

ご紹介していきますね^^


ads by google

[ad#co-2]

タイプ1.首回りが華やかなコート

ストレートタイプって
首回りが詰まっていると
なんだかね、
苦しそうに見えるんですよね。

寒さとの兼ね合いが難しいのだけど
首回りをいかにすっきりと見せるか、が
冬のコーデの一番重要な部分と言っても
いいような気がする。

なので、
首の周りにたっぷりとしたファーがあるとか
大きめの襟が付いているとか
デコラティブなフリルがあるとか
そういうのは避けています。

首の周りは基本的にシンプルで
オーソドックスな
あらなんだかちょっと寂しいわね?
って位のもののほうが
結果的にうまくいきます。

タイプ2.ボリュームのあるコート

ストレートタイプは
上半身にボリュームがあるので。

さらにコートでボリュームを付けると
ちょっと大変なことに。

「太ってます。」

みたいな感じになっちゃう。

太っている訳ではないんですけどね。

そう見えてしまうのね。

なので、
ダウンのパックが膨らんだものとか
メンズっぽいモッズコートとかは
避ける、というのが基本的なセオリーです。

もちろん、探せば似合うものもあると思うんだけど
そこまで情熱や時間をかけられないなら
最初からすっきりとしたコートを探したほうが
効率がよい。

ボリュームのあるコートは避けるべし、です。

タイプ3.裾広がりの形のコート

いわゆるAラインのコート。

裾にかけて徐々に広がっていく形のコートも
選ばないコートのひとつ。

特に胸の下あたりに切り替えがあって
そこから裾に広がるタイプのコートは
上半身を強調してしまうから
選ばない方がよいです。

あの形はウェーブタイプに似合うもの。

ストレートタイプ向けではないのよね~(>_<)

タイプ4.丈が短いコート

同じ理由で
丈が短いコートもNGコートのひとつ。

コートは防寒着。

どんなにすっきりデザインだったとしても
分厚いものです。

それが上半身の上のほうで
ぶつんと切れてしまうと
やっぱり上半身の重さを
強調してしまうんだよね~(>_<)

丈が短いコートよりも
丈が長すぎるコートのほうが
まだバランスがとりやすい気がする。

丈が短めのコートは
避けましょう!

タイプ5.カラータイプが合わないコート

これは骨格診断と少し話が違うのですが

「パーソナルカラーのタイプが合うかどうか」

ことコートに関しては大切だと思います。

コートは冬のコーデの主役。
全体の面積が広いから
似合う色なのかどうか?
は形と同じく
もしかしたらそれ以上に
大切な問題のような気がします。

あなたはご自身のパーソナルカラーを
ご存じでしょうか?

この色なら大丈夫、
そういう色味のコートを探したいものです。

まとめ

以上、骨格診断でストレートタイプの私が
手に取らない!買わない!
5つのタイプのコートについてでした。

買い換えにくいものだからこそ、
慎重に選ぶ。

逆に、似合うコートを手に入れたら
シーズン中気分よく過ごせます。

似合う一着をぜひ探してみてください☆


ads by google

[ad#co-1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする