子どもの集中力がないと思ったら。風水の力を借りてみよう!

勉強しなさい!と言ってもなかなか取りかからない。
子どもの集中力、気になりませんか?

環境を整えることで
集中できるようになるとしたら・・・

子どもには邪気がなく
風水の影響を受けやすいと
言われています。

子ども部屋に風水を上手く取り込んで
子どもの集中力を高める手助けをして
あげましょう!


ads by google

[ad#co-2]

まずは机の配置

子どもの集中力を高めるために
まず注意したいのは机の向きです。

北向きがベスト

方角は北向きがベストとされています。
北は智の性質を持つ方角。

南や西向きだと陽の気が強く
集中力が散漫し、
落ち着いて勉強が出来なくなってしまいます。

入り口に背を向けない

入り口に背を向けた配置もNG。
無意識のうちに
背後に人が来ないか、気になってしまいます。

机はできれば
壁を背にし、
入り口を見渡せる配置にするのが正解です。

窓辺でないほうがよい

明るい大きな窓の近くがよいように思われがちですが
窓の近くも陽の気が強く
集中力が保ちにくいのです。

外の景色に気持ちをとらわれないよう
窓辺の場合は、カーテンなどで陽を遮る工夫をしましょう。

部屋の色や机の素材

部屋に取り込んだ色や
素材の影響もあります。

どんな色や素材なら
集中力を高められるのでしょうか。

机は木製の平机

机は木製で
前に棚のないフラットな平机がベスト。

カラフルな色やキャラクターが描かれた机では
気が散る要因に。

また、前に棚があると
棚に置かれた物が気になり
こちらも集中力が散る原因となってしまいます。

木製のものを取り入れることで
思いやりや慈しみの心を育てる効果も
期待できます。

青と黒に注目

集中力をアップさせる色は水色と黒。
上手に子ども部屋に取り込んでいきましょう。

とはいえ、全体を暗い色にしてしまうと
子どもの運気が下がってしまいます。

あくまで部屋全体は明るく保ちたいので
明るめの青を選ぶなどの工夫をしながら
取り込んでいきたいものです。

子ども部屋の吉方位

子ども部屋によいとされている吉方位は

北・東・東南・南西

基本的には東が最適とされています。

東は朝の太陽エネルギーを浴びる方位。
体内時計が働き
目覚めがよくなる早起きの方位です。

勉強に集中したいなら北の方角がベスト。

北は、冷静、自立、平静という意味の方角。
気持ちを落ち着けて
集中するにはよい方角となります。

東南は女の子に最適な方位。
人気のある優しい子に育ちます。

まとめ

以上、子どもの集中力がないと思ったときに
取り込みたい風水の力についてでした。

子どもは周りの環境に左右されやすいもの。

机の向きや方角に気をつけて
さりげなく
子どもが集中しやすい環境を作ってあげましょう。


ads by google

[ad#co-1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする