骨格診断ストレートタイプのワードローブ。シンプル×ベーシックアイテムまとめ!

※2018.10.8更新

骨格診断でどんな服があなたに似合うのか
おおまかにはわかっても、
具体的に何をどう揃えていけばいいのでしょうか。

骨格診断って何?という方は
こちらをご覧くださいね。
関連記事 自分に似合うスタイルを探せる骨格診断。タイプ別の特徴とは

年間を通して使い勝手の良い
ストレートタイプのあなたが揃えておきたい
アイテムをご紹介いたします^^


ads by google

[ad#co-2]

骨格診断ストレートタイプが選びたいトップス

ストレートタイプには
胸元がすっきりとしたトップスがよくお似合い。

首元の詰まってないタイプの
トップスを選びましょう。

Uネックの綿カットソー

デニムにさらっと合わせたり
セーターのインナーにと
何かと使い勝手のよいアイテム。
何枚か持っておくとよいですね。

七分丈やフレンチスリーブ、ノースリーブは避けて。

少し深めのくりのUネックに、
シャープなパイピングが効いたカットソー。
直線的なデザインはストレートタイプによく似合います。

ストライプシャツ

シンプルなストライプシャツは
ストレートタイプの得意アイテム。
ボタンを2つ外しても
かっこよく、さまになりますよ。

綿100%のストライプシャツ。このシャツは袖をロールアップできるタイプ。
ロールアップ袖もストレートタイプとは相性がよく、おすすめです。

カシュクールシャツ

カシュクールも使いやすいアイテム。
ボリューム感が出ないよう
ドレープのできるだけ
少ないものを選んでみて。

Vネックカットソーはもちろんお似合いですが、
Vネックに飽きたらこんなカシュクールタイプも使いやすくておすすめ。

Vネックニット

ニットはハイゲージのものを選びましょう。

シャープなラインのVネックニットは
秋冬の大活躍アイテムです。

Vネックの形や開き具合によっても見え方が変化します。
詰まっているものよりも、ある程度開いていたほうが素敵。

骨格診断ストレートタイプが選びたいボトムス

全体が縦長のIラインになるよう
ボトムスは広がらないタイプのものを
選びます。

デニム

ストレート、フィットしすぎず
ほどよくゆとりがあり、
丈はフルレングスのものを。
ダメージ感があるものよりも
清潔感のあるきれいなデニムを選びます。
ホワイトデニムも
1本あるととても便利です。

タイトスカート

身体のラインをほどよく見せる
タイトスカートも
ストレートタイプにはよくお似合いです。

ほどよくハリと厚みのある生地のものを選び
でこぼこした分厚い生地や
薄く身体のラインが出すぎるものは避けましょう。

ラップ型のタイトスカートも素敵。

カジュアルなシーンに使い勝手のよい
デニム素材のタイトスカート。
色落ちしていないきれいなインディゴを選びます。

センタープレスパンツ

きちんと感が出やすい
センタープレスパンツ。
ベーシックな色味を持っておくと
着回し力があり便利です。

着丈はフルレングスか9分丈くらいまでのもの。
ウエストにタックがあまり入っていないほうが
きれいに着こなせます。

骨格診断ストレートタイプが選びたいアウター

コートなどのアウターでは
どのようなアイテムを揃えればよいでしょうか。

トレンチコート

定番のトレンチコートは鉄板アイテム。
長すぎず短すぎず、
オーソドックスなタイプを選択しましょう。

チェスターコート

シンプルなチェスターコートも
お得意アイテム。
肩が落ちたものや丈が長すぎるものは避けて
上質な素材感のものを探しましょう。

ライダースジャケット

表革のライダースジャケットも
1枚あると便利です。

こうしたある程度の厚みとハリのある生地は、
やはりストレートタイプの
良さを引き出してくれますね。

まとめ

以上、ストレートタイプのあなたが揃えたい
シンプル&ベーシックなワードローブについてのまとめでした。

この機会に
お手持ちのアイテムを見直してみて
お買い物の参考にしてみてくださいね☆

コーデのワンパターン化を避けて着回し力を高める3ステップ。
こちらでご紹介しています^^
関連記事 コーデのワンパターン化を避けて、着回し力を高める3ステップ



ads by google

[ad#co-1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする