鎌倉でハイキング。子連れでも大丈夫なおすすめハイキングコース☆

※2018.2.23更新

東京から気軽に遊びに行ける古都鎌倉。

山に囲まれた地形が特徴的なこの地には
実はハイキングコースもたくさんあるってご存じですか?

お寺巡りやお買い物も楽しめるけれど、
子供にとってはちょっと退屈。

でもハイキングなら、山の清涼な空気を吸いながら
途中でお寺やカフェに立ち寄りつつ
子供も大人も楽しめて、健康的な一日を送れます。

今回は幼い子でも抱っこなしで歩ける、
初心者向けの気軽なコースをご紹介したいと思います。


スポンサードリンク

[ad#co-2]

鎌倉子連れハイキング、お気軽コースとは?

コースとしては葛原岡・大仏ハイキングコースの半分を使います。

葛原岡・大仏ハイキングコースは
北鎌倉の浄智寺から長谷の鎌倉大仏を結ぶ 全長約3キロのコースですが、
浄智寺から源氏山公園までは葛原岡ハイキングコースを歩き、
源氏山公園からは鎌倉大仏に向かわず、
佐助経由で鎌倉駅を目指します。

JR横須賀線でまずは北鎌倉へ。

浄智寺というお寺の脇から入っていき、
源氏山公園を経由して鎌倉駅に向かうルート。

北鎌倉は鎌倉よりも高い場所にあるので、
源氏山公園までアップダウンの道のりですが、
そこから先は下り中心の道のりとなります。

途中には、源氏山公園、 銭洗弁天、佐助稲荷があるので、
寄り道しながら散策を楽しめます。

昼食をとるなら、源氏山公園がよいでしょう。
木の椅子やテーブルがありますので、 快適に食事ができます。

少し頑張れそうなら、源氏山公園から鎌倉駅へ向かわずに
鎌倉大仏を目指すとよいですね。

ただし、鎌倉大仏へ抜けていく道の途中は
急な階段やぬかるみやすい場所があるので
特に雨上がりの翌日などは
幼い子供連れの方には 鎌倉駅を目指されることをおすすめいたします。

鎌倉子連れハイキングの持ち物は?

上記のコースの場合
子連れで休憩をとりながらのんびり歩いたとしても
2~3時間ほどで歩けるので
あまり持ち物に神経質になる必要はありませんが、
お茶やおやつ、お手ふき、ハンカチとティッシュ、
お昼にかかりそうな場合はお弁当を 持参すればよいでしょう。

トイレは、源氏山公園、銭洗弁天などにありますので
困ることはほとんどないでしょう。

鎌倉子連れハイキングの服装は?

はき慣れた運動靴、パンツ、リュックさえあれば
快適に山歩きができます。

足場が悪い場所もあるので、
靴だけはしっかりしたものを履いていきましょう。
お子さんも 両手が空いて、歩きやすい靴、歩きやすい服装で。

ほぼ遠足の装備と同等と考えるとよいですね。

前日のお天気だけは確認しておくとよいです。
水がはけるまでは ぬかるみ、滑りやすくなっている場所があるので
雨の翌日のハイキングは避けたほうが無難です。

まとめ

以上、幼い子連れでも歩ける鎌倉のお気軽ハイキングコースでした。

道沿いには、東慶寺、浄智寺、源氏山公園、銭洗弁天、 佐助稲荷などみどころも多く、
春先の梅、新緑、6月の紫陽花、秋の紅葉など 四季折々の変化も楽しめます。

子供も大人も自然を楽しめる休日、ぜひ堪能してみてくださいね。


スポンサードリンク

[ad#co-1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする