送料自由って新しい!ZOZOTOWNの試みから「送料」を考える

※2018/6/24更新

通販サイト、ZOZOTOWNでは
2017年10月1日から 利用者が送料を自由に決められる
送料自由化を始めたのだそう。

購入する商品とは別に
0円から3000円までの間で送料を自由に決められる仕組み。

自由に価格を決めることで 運ぶ人と受け取る人との間に、
気持ちの交流が生まれたらという発想だそう。

フリマアプリを通じて 「運ぶ人」サイドになってみた経験を通して思うこと。
それは、「送料負担するって結構大変!」
あなたは送料のこと、どう思いますか?


スポンサードリンク

[ad#co-2]

送料無料ってお得?

ネットでお買い物をすることがいともたやすくなった昨今。
送料って、切っても切り離せないこととなりました。

かつては自分で出かけていって、 商品を探して購入していた。
それが今は結構な割合で、 ネットで探し、そのままぽちっと購入して、
翌日か翌々日には自宅に届く。
そんなお買い物方法に変りつつあるわけです。

考えてみれば、
・買い物に出かける時間
・買い物先に行くまでの交通費(車の維持費やガソリン代も含む)
それらをカットして 配送して下さるサービスを享受しているのですよね。

でも、実際ネットで購入するときってどうですか?
送料無料かどうか、は結構チェックするポイントでは ないでしょうか?

カゴに入れるけれど決済するときに
「送料630円」なんて表示があると ちょっと躊躇してしまいます。

「送料無料」という言葉だけで、 ちょっと得したような気分になりますよね。

実際問題、フリマアプリで商品を出品してみると
圧倒的に送料込みの方は反応が早い。
着払いにするととたんに動きが鈍る感じがあります。

着払いだと、トータルの金額が一見してわかりにくいから
買い手は購入を躊躇してしまうんです。

では送料無料ってお得なのでしょうか。
普通に考えれば、 送料を売り手側が負担するならば
確実にかかっている配送料分を 価格に上乗せされているとも言える訳なので、
本当はそんなにお得ってことはないはずですよね。

「送料自由」は、送料に対するみんなの意識に一石を投じたいってこと

今回のZOZOTOWNの「送料自由」は
そんなみんなの意識に一石を投じたいってこと。

送料無料っていうけど 誰かがお金払っているって知ってる?!
無料で家に届くっておかしくない?!
そういう気持ちからのスタートかなと想像します。

送料自由って設定だと、 いくらにするか一瞬考えますよね。
いや当然「0」にするって方もおられるでしょうけれど、
多くの方は「いやまて、そうだよね、誰かが運んでくれているんだよね」
そう思う。

いままではネットのショップって 実店舗を構える必要がなく
少数精鋭の人員で運営することができる強みで
実店舗のショップと戦えたわけだけれど、
実店舗vsネット という時代はすでに終わり、
これからネットショップ同士の争いってことになると
送料分を捻出するだけのゆとりがなくなり より価格競争が激しくなる、
そんな時代なのかもしれないね。

そうするとやはり送料どうする?
ちょっと購入者の意識改革してもらおう
そういう発想になるのかもしれない。

まとめ

以上、今日非常に面白いなって思ったニュースについてでした。

ZOZOTOWNの「送料自由」は試験的導入で、
予告なく終了するかもしれないそうだけれど、
今後どんな展開になるのか興味深いですね。

さてみなさんは送料について、どう考えますか?


スポンサードリンク

[ad#co-1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする