こんな美味しいハーブティーがあるんだ!と感動するハーブティー♪

カフェインフリーで
美容にも良さそうなハーブティーですが、
いざ買ってみると
ちょっとがっかりするような味だった・・・
なんてことありませんか?

その昔、レストランで飲んだハーブティー。
それはそれは美味しくて
今でも忘れがたい味。

今回そのハーブティーを思わせる
ハーブティーを飲むことができました。


ads by google

[ad#co-2]

シモタファームとは?

それは、シモタファームのハーブティー。

シモタファームとは
茨城県取手市にある農場。

霜田さんという方が
独自の栽培方法でハーブや野菜などを
育てておられるそう。

腐葉土や家畜糞、野菜などを利用した
自家製で完熟した堆肥を使い
農薬、除草剤、除菌剤が使われていません。

旬で新鮮、栄養価の高い野菜やハーブを
作っておられるそう。

ちょっと読んだだけでも
かなりの努力とこだわりを持って
作っておられることがよくわかりますね。

シモタファームのハーブティー

今回は取手市出身の友人から
このハーブティーをいただきました。


ハーブティーセットとして
ミントやレモングラス中心の様々なハーブが
ぎっしり詰められています。


ハーブティーを淹れるときに
迷わないよう、
淹れ方のポイントも。


ガイドラインに沿って、
綺麗に洗ったハーブに
沸かし立てのお湯を一気に注ぎ入れ
蓋をして3分間抽出します。
長く抽出すると苦みが出てしまうそうで、
3分間を守ることは大切なよう。

写真はパックの約半分の分量です。


こんなにも鮮やかで美しい
薄緑色になりました。

フレッシュで爽やかな香りが立ち上ります。

ハーブティーの嬉しいところは
色と香り、双方で楽しめることができる点ですね。

ハーブティーの味わいは?

レモングラスやミント中心ですので
レモングラスの柑橘系の香り、
ミントの爽快ですっきりとした香りが
やはり中心です。

でもこれって
割と万人受けする香りなのかなとも
思います。

レモンは日常的に使うものですし、
ミントもガムなどでよく味わうものですし。

ちょっと重たい食事の後に味わう、とか
気分転換したいときに飲む、とか
美味しくいただけるシチュエーションも
想像しやすい。

こういう条件って
お茶選びには大切なポイントなのでは
と思います。

味わい自体も
さすがこだわりの農法で作られただけあり、
ハーブの力強さを感じます。

香りはいいのだけど味が・・・
というようなハーブティーもある中、
この力強ささえ感じる味わいは
やはりハーブそのものが
きちんと育てられたものだからなのでしょう。

生のハーブを直接使うと
えぐみのようなものが感じられることもありますが、
シモタファームのハーブティには
一切それがありませんでした。

久しぶりにちょっと感動するような
ハーブティーでした^^

いただきものなので
残念ながら価格はわからないのですが、
ご興味がある方は
ぜひシモタファームに問い合わせてみてくださいね。

まとめ

以上、その美味しさに感動したハーブティーについて
お伝えいたしました。

美味しいハーブティーを求めてらっしゃる方、
ぜひお試し下さい♪


ads by google

[ad#co-1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする